現状でカーナビはスマホ一択と言われてる理由

車に取り付けるカーナビを選ぶ際に今最も比較の対象となるスマホのカーナビアプリ。

一体なぜ、スマホをカーナビにすることがそんなに人気なのでしょうか。

一見、画面が小さく、通信環境において動作も制限されるカーナビアプリ。

K00005063633

それらを含めても余りある魅力とは?

現行の「なぜ」を分析していきます。

 

まずは選択肢の狭さがスマホのカーナビ化を加速させている。

なんだかんだいって、性能うんぬんよりも無料であることが一番大きいのではないかと思います。

現在のカーナビは上限を見れば30万円以上で、下を見れば2,3万で購入できます。

対して、スマホのカーナビはタダ〜月数百円ほどです。

カーナビを買う場合は、スマホと比べ大きなお金がその場で必要となります。

更に地図更新が必要であったり、動作が遅かったりと買わない理由が相次いであります。

カーナビというジャンルの中で、満足できるレベルというものは人により異なりますが、数十万円のカーナビを買ってやっと性能的にも満足となることが多いのではないでしょうか。

下限でも数万円の出費が必要であることから、敷居の高さは伺えるかと思います。

それに対して、性能がいいとはあまり言えないスマホのカーナビですが、こちらはタダです。

無料である以上はダメで元々という発想から利用することもできますよね。

敷居を下げて利用までの障害を小さくまとめていると感じます。

いざ使い出すと内容に慣れますので、文句はあっても無料なので特に大きな問題にはならないのではないでしょうか。

更に地図はGoogleなどのマップサービスから引用するため、常に新しい状態で利用できます。

またそれに付随して、ユーザーの利用傾向からインターフェースを生成する流れが強く、取り付けされているカーナビでは、よくわからず使えなかった、または元からついていない機能などがわかりやすく使えるように設計されており、使いやすさという面でも一歩リードといったところでしょうか。

周辺のコンビニ、駐車場、ガソリンスタンドの検索や、周辺のガソリンスタンドの相場なども取得できるアプリまであり、実際のカーナビでは利用できない機能が多いようです。

 

 

 

 

なんでもスマホですませるという風潮。

今や携帯電話は「携帯できる電話」という範疇を大幅に越えています。

必ずといってもよいレベルで搭載されている機能でも、カメラ、ビデオ、動画再生、音楽再生、インターネット、ゲーム、時計、カレンダーなど諸々がついており、それが搭載されていて当たり前と感じてしまう時代です。

1つの端末であらゆることが管理、実行できることに慣れてきています。

その中で、スマホのアプリはかなり大きなコンテンツです。

これの登場により、スマホは紙媒体の取り込みにも成功しました。

また体調管理、ダイエットにおける食事制限、運動量の測定、銀行の管理、家計簿、道案内、カーナビなど生活のほとんどをスマホがあればカバーできます。

電波と電源が続く限り、この1台で生活における全てに対して、困ることはないでしょう。

そんな中、専門性をもったコンテンツは衰退ぎみです。

カーナビしかり、雑誌や新聞など、拘りがない場合は、手軽なスマホに流れてしまうためです。

 

 

こういった理由から大きく分別すると、この3点が原因ではないか。

  • 現状のカーナビのユーザビリティ
  • スマホの万能力
  • 価格帯の落差

数十万もカーナビに使うのであれば、他に使う。

もしくは何にも使わないという選択が生まれる。

 

またこれは余談だが、現在の若者の傾向として車などの所有欲はあまりなく、何事に対しても節約する傾向にあり、小さな出費でより満足できるものへの投資が好まれている。

このことからも、カーナビという点で検討するのであれば、車を所有しているという前提の部分から大多数が除かれているのではないかとも推測できる。

今後、もしかすると車は所有するものではなくなってしまうのかもしれない。