スマホで使うカーナビアプリの強み

スマートフォンに地図アプリをインストールし、カーナビの変わりとして使用するとき、事前に用意・注意しなければいけないことが何点かあります。

まずは、車載用のスマホ・ホルダーを用意するることです。スマホをカーナビとして使うには、スマホの画面を運転しながらでも見れる位置に固定することが必要です。バックミラーを確認するように、さっと画面を確認できるベストな位置に、固定しましょう。手で持ちながら運転…は交通違反になりますので、やめてくださいね。

ホルダーを選ぶ際には、アプリの仕様や使い易さで、画面を縦に固定するものか、横に固定するものか、慎重に選びましょう。

 

そして、次は車載用の充電器。カーナビアプリはバッテリーを非常に激しく消耗します。車から電源を供給しながら使用し、電池切れを防ぎましょう。もちろんホルダーも充電しながら固定できるものにする必要があります。

ひとつ注意があります。カーナビのアプリは、お出掛け前にインストールしておきましょう。ナビアプリは地図などの大きなデータを含むものが多く、ダウンロードデータがかなり大きめ。なるべく無線LAN環境で、しかも時間に余裕があるときにインストールしておきましょう。

 

スマホアプリの使い易さについて…。

様々な地図アプリの利点がありますが、ひとつ紹介すると、まずは音声入力で目的地を指定出来るところですね。声で入力できるのは、周囲を気にしながら、運転に集中しなければいけないドライバーにとって、非常にうれしい機能ですね。

次に車を走らせると3Dの地図上でしっかり車の位置が動いているのが確認できます。到着までの予想時間も表示されていますし、音声ガイダンスも綺麗に聞き取れます。ここまでは全くカーナビと遜色ありません。少し画面が小さいだけで、小さなカーナビと言っても言い過ぎではないと思います。

いったん車を止めてスマホの画面を確認すると、ストリートビューの画像が表示されました。実際の町の風景と比較して、到着場所が指定された目的地と間違っていないかどうか確認できるようになっています。これは便利な機能ですね。

上記のように準備さえしっかり出来ていれば、高くても数千円のアプリが、数十万円するカーナビに勝るとも劣らない性能と使い易さで道案内してくれます。普段から使い慣れているスマホを使って、カーナビと同じ、もしくはそれ以上の機能が使えるとなるとそこがスマホアプリの強みではないでしょうか?